楽天ゴールドカードと楽天カード、どっちがお得か

どっちがお得になるかは年間利用金額次第。楽天で年間22万円以上利用する楽天ヘビーユーザーなら楽天ゴールドカードを検討する価値あり

2016年9月1日に楽天カードに新たなラインナップが加わりました。年会費2,000円+税の格安ゴールドカード、「楽天ゴールドカード」です。楽天ゴールドカードは、格安ゴールドカードにありがちな、色はゴールドだけど空港ラウンジを使えないなんちゃってゴールドカードではなく、しっかりと空港ラウンジも使えます。

そして何より、楽天ゴールドカードは、楽天での利用時に楽天カードよりも+1%分ポイントが多くたまります。楽天ゴールドカードの年会費は2,000円+税(税込2,160円)なので、単純計算で年間216,000円以上、楽天で利用するのであれば、年会費無料の楽天カードよりも、楽天ゴールドカードの方がお得になります。

ただしこれは期間限定ポイントも含めて、ポイントをすべて有効に使えた場合です。年会費が安くて空港ラウンジを使えるカードとして、空港ラウンジ目的で楽天ゴールドカードを選ぶのであれば楽天ポイントはおまけでしかないかもしれません。ですが、楽天ポイント目的なのであれば期間限定ポイントの仕組みを理解してから楽天ゴールドカードにするか、それとも楽天カードにするのか決めるべきです。

楽天の「期間限定ポイント」の仕組みを理解せずに、年間22万円以上は楽天で買い物をするからと、なんとなく楽天ゴールドカードを選択すると後悔してしまうかもしれないですよ。

まずは比較表で違いをチェック

楽天ゴールドカードは、年会費が2,000円+税かかりますが、楽天市場での利用で+1%分多くポイントがたまり、空港ラウンジが利用でき、ETCカードが無条件で無料になります。

楽天以外で利用したときのポイント還元率、海外旅行傷害保険の内容、楽天Edyと楽天ポイントカード機能が搭載されていることなどはどちらも一緒です。

  楽天カード   楽天ゴールドカード  
  楽天カード vs 楽天ゴールドカード  
 

公式サイト

 

公式サイト

 

good

無料 年会費 2,000円+税  
  500円+税(条件付きで無料
  • 楽天ETCカード申込時点の楽天PointClubの会員ランクが「ダイヤモンド会員」・「プラチナ会員」の方は初年度無料。また、次年度以降は、ETCカード年会費請求月(ETCカード入会月の翌月)の会員ランクが「ダイヤモンド会員」・「プラチナ会員」の場合には、次年度1年間無料。
ETCカードの年会費 無料

good

  合計3%分のポイントがたまる
  • 通常ポイント:1%
  • 楽天カード決済で:+2%(内、1%分は有効期限がポイント付与翌月末日までの期間限定ポイント
楽天市場でのポイント還元率 合計5%分のポイントがたまる
  • 通常ポイント:1%
  • 楽天カード決済で:+3%(内、2%分は期間限定ポイント
  • 楽天ゴールドカード決済で:+1%(期間限定ポイント

good

  1% 楽天以外でのポイント還元率 1%  
  最高2,000万円(利用付帯) 海外旅行傷害保険 最高2,000万円(利用付帯)  
  搭載 楽天Edy 搭載  
  搭載 楽天ポイントカード機能 搭載  
  - 空港ラウンジサービス 成田国際空港、羽田空港、関西国際空港、中部国際空港などの国内主要空港のラウンジに加え、ハワイ ホノルル国際空港、韓国 仁川国際空港のラウンジを無料で利用できる

good

期間限定ポイントに注意!ポイントの有効期間が約一月半しかありません

2016年1月18日からスーパーポイントアッププログラム(SPU)が始まり、楽天市場で楽天カードを利用すると、よく多くの楽天ポイントがたまるようになったのですが、多くたまるようになったポイント分は、有効期限の短い期間限定ポイントです。楽天ゴールドカードの+1%分も同じく期間限定ポイントです。

楽天市場で楽天カードを使ったときにたまるポイント

楽天市場で楽天カードを利用したときにもらえる期間限定ポイントは、ポイント付与予定日が翌月15日頃、そして有効期限が付与翌月末日までです。なので、ポイントの有効期間は約一月半しかありません。

期間限定ポイントの有効期間

期間限定ポイントは使いきれるものなのか

期間限定とはいえ有効期間が一月半はあるので、意識さえしていれば使い切ることは難しくはないんじゃないでしょうか。定期的に楽天を利用している方なら問題ないんじゃなかと思います。

私はと言うと、基本的には使い切れています。ですがたまに忘れることもあります。。。下の画像は私が期間限定ポイントを使い忘れて失効させてしまったときのものです。皆さんはこうなってしまわないように気をつけてください。

期間限定ポイントの付与例

楽天ゴールドカードの+1%分は期間限定ポイント

楽天ゴールドカードは、楽天市場で利用したときは、楽天カードよりも+1%分ポイントが多くたまりますが、このポイントは期間限定ポイントです。下の画像の赤枠部分です。

楽天市場で使ったときの1%分の差は期間限定ポイント

1年間でたまる合計ポイント数

1年間でたまる合計ポイント数
楽天市場での年間利用金額 楽天カード 楽天ゴールドカード ポイント差
12,000円(月平均1,000円) 480ポイント 600ポイント 120ポイント
24,000円(月平均2,000円) 960ポイント 1,200ポイント 240ポイント
36,000円(月平均3,000円) 1,440ポイント 1,800ポイント 360ポイント
48,000円(月平均4,000円) 1,920ポイント 2,400ポイント 480ポイント
60,000円(月平均5,000円) 2,400ポイント 3,000ポイント 600ポイント
72,000円(月平均6,000円) 2,880ポイント 3,600ポイント 720ポイント
84,000円(月平均7,000円) 3,360ポイント 4,200ポイント 840ポイント
96,000円(月平均8,000円) 3,840ポイント 4,800ポイント 960ポイント
108,000円(月平均9,000円) 4,320ポイント 5,400ポイント 1,080ポイント
120,000円(月平均10,000円) 4,800ポイント 6,000ポイント 1,200ポイント
132,000円(月平均11,000円) 5,280ポイント 6,600ポイント 1,320ポイント
144,000円(月平均12,000円) 5,760ポイント 7,200ポイント 1,440ポイント
156,000円(月平均13,000円) 6,240ポイント 7,800ポイント 1,560ポイント
168,000円(月平均14,000円) 6,720ポイント 8,400ポイント 1,680ポイント
180,000円(月平均15,000円) 7,200ポイント 9,000ポイント 1,800ポイント
192,000円(月平均16,000円) 7,680ポイント 9,600ポイント 1,920ポイント
204,000円(月平均17,000円) 8,160ポイント 10,200ポイント 2,040ポイント
216,000円(月平均18,000円) 8,640ポイント 10,800ポイント 2,160ポイント
228,000円(月平均19,000円) 9,120ポイント 11,400ポイント 2,280ポイント
240,000円(月平均20,000円) 9,600ポイント 12,000ポイント 2,400ポイント

結局、どっちがいいの

楽天ゴールドカードの利用でもらえる+1%分は期間限定ポイントなので、期間限定ポイントを有効に使い切れる前提で、年間22万円以上楽天市場を利用するなら楽天ゴールドカードの方がお得です。

また、空港ラウンジを年2回以上使いたい方も、楽天ゴールドカードの方がいいです。空港ラウンジは、空港ラウンジを利用できるクレジットカードを持っていないくても1回1,000円程度で利用できます。なので2回利用すれば年会費の元が取れる計算になります

楽天カード

楽天カード

楽天市場では合計3%分のポイントがたまる

無料

「楽天カードマーン♪」のCMでおなじみ。カード利用100円ごとに楽天ポイントが1ポイントたまります。楽天市場では合計3%(内、1%分は期間限定ポイント)もポイントがたまります。楽天Edy、楽天ポイントカードが一体化して一層便利になりました。

[button_d a_href='Rakuten']

楽天ゴールドカード

楽天ゴールドカード

楽天市場では合計5%分のポイントがたまる

2,000円+税

カード利用100円ごとに楽天ポイントが1ポイントたまります。楽天市場では合計5%(内、3%分は期間限定ポイント)もポイントがたまります。年会費2,000円の格安ゴールドにも関わらず、空港ラウンジが利用できるので、空港ラウンジ目的に申し込む方も多いです。

[button_d a_href='RakutenGold']
清水 太郎

運営者清水 太郎

大手銀行系カード会社退職後、当サイトと世界一周ブログを運営しながら世界4周しました。旅をしながら、日々クレジットカードの情報を追いかけています。

Twitter:@k_creditcard

関連記事

カテゴリ一覧