ハワイのトロリーや、バリ島のバスに無料で乗れるクレジットカード特集。いろいろ乗ってみました

ワイキキトロリー
レアレアトロリー
クラクラバス

クレジットカードのなかにはハワイのトロリーやバリ島のバスに無料で乗れるものがあります。例えば、JCBカードを提示するだけでハワイのピンクラインに無料で乗ることができます。実際にいろいろ乗ってきたのでレポートしていきます。

JCBカードを提示するだけでハワイのピンクラインに無料で乗れる

ピンクラインと虹

ハワイのオアフ島ほど観光客向けのトロリーが充実しているところは、世界的に見ても珍しいです。ワイキキ・トロリー、H.I.S.のレアレア(Lea Lea)トロリー、JTBのオリオリ(OLIOLI)トロリーなど多くのトロリーが走っています。JCBカードを提示して無料で乗れるのは、ワイキキ・トロリーのピンクラインです。

ピンクラインのルート

ピンクラインは多くのホテル、レストラン、ショップが並ぶワイキキと、ハワイ最大のショッピングセンター「アラモアナセンター」間を結ぶシンプルな周回ルートです。アラモアナセンター、ヒルトン・ハワイアン・ビレッジ、T ギャラリア by DFS、デューク・カハナモク像あたりを目印にしておくと初めてでも現在地を把握しやすいと思います。約10分間隔と短いスパンで運行されていることもあり、使い勝手は凄くいいです。1周は約60分です。

地図はワイキキ・トロリーのwebサイトから引用。マップガイドはこちら

ピンクラインのルート

アラモアナセンター

アラモアナセンター

ハワイ最大のショッピングモール。ブランド品からお土産にぴったりなローカルな商品まで幅広く揃っています。フードコートも人気です。

エッグスンシングス

エッグスンシングス

ホイップたっぷりのパンケーキが有名です。日本人からの人気が高く、午前中は混んでいます。

JCBプラザ ラウンジ・ホノルル

JCBプラザ ラウンジ・ホノルル

JCBプラザ ラウンジにピンクラインで行くときはT ギャラリア by DFSの停留所で降りるといいです。隣のワイキキ・ショッピング・プラザの2階にJCBプラザ ラウンジがあります。ピンクラインの乗り方も日本語で教えてくれます。

デューク・カハナモク像

デューク・カハナモク像

ビーチ沿いも走ります。デューク・カハナモク像の前にも停留所があります。

JCBカードさえ持っていれば事前手続きなしで何度でも無料で乗れる

JCBが直接発行しているJCBカードはもちろん、楽天カード発行のJCBカードイオンカード発行のJCBカードでも、JCBカード(国際ブランドがJCBのクレジットカード。カード券面にJCBのロゴがあります)さえ持っていれば、事前手続きなしでピンクラインに何度でも無料で乗れます。嬉しいことに年会費無料のJCBカードも乗車賃無料の対象です。ただし、コンビニなどで売っているJCBプリペイドは乗車賃無料の対象外です。

[related_card_link a_href=JcbIppan img=jcb/jcb-standard.jpg name='JCB一般カード' description='JCBが直接発行するスタンダードなクレジットカード。WEB明細サービス「MyJチェック」に登録すれば、海外での利用分がポイント2倍になり、海外旅行傷害保険も付きます。' fee='
  • 1,250円+税
  • 初年度無料
  • 条件クリアで無料

JCBならピンクラインに無料で乗れる

' css=' elf'] [related_card_link a_href=JcbEit img=jcb/jcb-eit-black.png name='JCB EIT(JCBエイト)' description='ポイント還元率常時1%自動付帯の海外旅行傷害保険とショッピング保険が付いて年会費無料です。リボ払い専用カードではありますが、毎月の支払い金額の設定を引き上げることでリボ払い手数料を支払うことなく、1回払い用のカードとして利用することもできます。' fee='

無料

JCBならピンクラインに無料で乗れる

' css=' elf'] [related_card_link a_href=YahooJapan img=yahoo/yahoo-jcb-red.png name='Yahoo! JAPANカード(JCB)' description='国際ブランドに「JCB」を選択すれば、Yahoo! JAPANカードでもピンクラインに無料で乗れます。Tカードを搭載しています。まだ数は少ないですが、実はハワイにもTポイントを使えるお店があります。' fee='

無料

JCBならピンクラインに無料で乗れる

' css=' elf'] [related_card_link a_href=Rakuten img=rakuten/rakuten-jcb.jpg name='楽天カード(JCB)' description='国際ブランドに「JCB」を選択すれば、楽天カードでもピンクラインに無料で乗れます。海外旅行傷害保険も付いています。入会キャンペーンでもらえる楽天ポイントは楽天トラベルでも使えます。' fee='

無料

JCBならピンクラインに無料で乗れる

' css=' elf']
[compare_card_link a_href=JcbIppan-JcbEit-YahooJapan-Rakuten number=4]

年会費無料のJCBカードでもピンクラインに無料で乗れます!ハワイに行くならどんなJCBカードでもいいので、1枚はJCBカードを持っていくといいです。

ピンクラインの乗り方

停留所に止まっているピンクライン

乗り方は簡単です。停留所でピンクラインを待って、ピンクラインが来たら運転手さんにJCBカードを見せるだけです。本当にそれだけです。事前の手続きは必要ありません。毎日たくさんの日本人がJCBカードを見せて無料でピンクラインに乗っているので、運転手さんも手慣れていて、JCBカードを見せたら「OK」って感じですんなり乗せてくれます。JCBカードを持っていなくても2ドル払えばピンクラインに乗ることはできますが、日本人で2ドル払っている方をあまり見かけないので、JCBカードでピンクラインに乗れることはだいぶ周知されてきているようです。

ピンクラインの見分け方

ピンクラインにはトロリータイプとバスタイプの2種類がありますが、どちらも外から見てピンクラインと分かるようになっています。なので、ピンクラインの見分け方を事前に知識として知っておけば、どのトロリーとバスがピンクラインなのか見分けるのは難しくありません。慣れてくると少し離れたところからでも分かるようになります。トロリータイプとバスタイプの違いは外見だけで、ルートは同じです。

トロリータイプは前面の左右にピンクの旗が立っています

トロリータイプは前面の左右にピンクの旗が立っています。

バスタイプは前面のディスプレイに「ピンクライン」または「PINK LINE」と表示されています

バスタイプは前面のディスプレイに「ピンクライン」または「PINK LINE」と表示されています。

家族も乗れます

家族もOK

JCBカードを見せると最大で家族4名(本人と同乗の家族大人1名、11歳以下の子供2名まで)まで無料でピンクラインに乗ることができます。家族が同乗する場合は運転手さんに「ファミリー」と伝えればOKです。お子様が12歳以上だと大人扱いになるので、その場合は夫婦でJCBカードを持つといいです。

初めてで不安なときはJCBプラザ ラウンジ・ホノルルに行こう

JCBプラザ ラウンジ・ホノルル

事前に知識としては知っていても、初めて体験すること、しかも海外でとなれば不安になることもありますよね。そんなときはJCBプラザ ラウンジ・ホノルルに行くと、日本語でルートや乗り方を親切に教えてくれます。JCBプラザ ラウンジはT ギャラリア by DFSの隣にあるワイキキ・ショッピング・プラザの2階にあります。

ピンクラインは慣れるとすごく便利なので、私はハワイに行くたびにフル活用しています。何度でも無料で乗れるので、ハワイに行った際はぜひ活用してみてください。

ダイナースクラブカードで乗れるハワイのレアレアトロリー

レアレアトロリー

2015年からダイナースクラブカードでH.I.S.のレアレア(Lea Lea)トロリーに乗れるようになりました。JCBカードではワイキキ・トロリーのピンクラインのみ乗れたのに対し、ダイナースクラブカードではレアレアトロリーの全ラインに乗れるので、乗りこなすと行動の幅がぐっと広がります。

[related_card_link a_href=DinersClub img=diners/diners.jpg name='ダイナースクラブカード' description='国内外600ヶ所以上の空港ラウンジを無料で利用できます。そのなかにはホノルル国際空港のIASS HAWAII LOUNGEも含まれます。最高1億円の海外旅行傷害保険が付いています。' fee='

22,000円+税

レアレアトロリーに無料で乗れる

' css=' elf']

レアレアトロリーを乗りこなすと行動の幅がぐっと広がる

レアレアトロリーには5つのラインがあり、ワイキキ周辺だけでなく、ダウンタウン、カハラモール、ダイヤモンドヘッドにも行くことができます。5つのラインのうちの1つ、アラモアナ/ドンキ・ラインはワイキキ・トロリーのピンクラインとほぼ同じルートです。他にもダイヤモンドヘッドを経由してカハラモールに行くダイヤモンドヘッド/カハラモール・ラインや、ダウンタウンに行くダウンタウン・ラインなどがあります。ロイヤル・ハワイアン・センターからはレアレアトロリーの全てのラインが発着しています。

地図はLeaLeaのwebサイトから引用。大きなマップ、時刻表はこちら

レアレアトロリーのルート

コストコ

コストコ

日本のコストコで作った会員証を見せたら、ハワイのコストコにも入れました。コナコーヒーなどお土産になりそうなものも置いてあります。コストコにはレアレアトロリーの停留所はありませんが、近くにあるドールキャナリーには停留所があるので、そこで降りれば歩いてすぐです。ダウンタウンから歩いても20〜30分くらいです。

H.I.S. Hawaii レアレアラウンジ

H.I.S. Hawaii レアレアラウンジ

レアレアラウンジはロイヤル・ハワイアン・センターの3階にあります。ダイナースクラブカードでレアレアトロリーに乗るにはここでチケットを受け取る必要があります。ロイヤル・ハワイアン・センターからはレアレアトロリーの全てのラインが発着しています。

カフェ カイラのフルーツ全部乗せパンケーキ

カフェ カイラ

表参道にも支店がある人気のカフェ。写真はフルーツ全部乗せのパンケーキです。カフェ カイラはマーケット・シティ・ショッピング・センターの1階にあります。ラストオーダーが14時なので、それまでに行こうとするとダイヤモンドヘッド/カハラモール・ラインを使うことになるのですが、ダイヤモンドヘッドを経由するので遠回りになります。時間に余裕を持って向かったほうがいいです。

ダイヤモンドヘッド

ダイヤモンドヘッド

ハワイのシンボル的存在。登ることもでき、山頂からはワイキキを一望できます。

妻がパンケーキ大好きなので、TripAdvisorやYelpで上位にいてパンケーキのあるお店にはだいたい行きましたが、私はハワイのパンケーキのなかではカフェ カイラのフルーツ全部乗せが一番好きです。メニューには乗っていないですが「オール」と伝えれば全部乗せてくれます。カフェ カイラの近くにある、スイート・イーズ・カフェもおすすめです。ブルーベリーとクリームチーズが入ったフレンチトーストが美味しいです。

レアレアラウンジでチケットを受け取る必要あり

JCBプラザ ラウンジ・ホノルル

レアレアトロリーに乗るには、H.I.S. Hawaii レアレアラウンジでチケットを受け取る必要があります。初日はチケットと一緒にレアレアトロリーのマップももらっておきましょう。受け取れるチケットは当日のみ有効の1日乗車券なので、滞在中毎日レアレアトロリーに乗りたければ毎日受け取りに行かないといけません。とはいえ、レアレアラウンジはロイヤル・ハワイアン・センターの3階にあり、場所は悪くないのでそこまで苦ではありませんでした。

受け取れるチケットは当日のみ有効の1日乗車券1枚

LeaLeaトロリーの1Day Pass

レアレアラウンジでダイナースクラブカードを見せて受け取れるチケットは、当日のみ有効の1日乗車券1枚です。ダイナースクラブカードの本会員だけでなく、家族会員も1枚もらえます。なので例えば、旦那さんがダイナースクラブカードを持っていて、奥さんも家族カードを持っているのであれば、夫婦2人でレアレアトロリーに乗れます。

家族カードがない場合はどうするか

18歳未満のお子様には家族カードを発行できません。18歳以上だとしても、ダイナースクラブカードの家族カードは年会費有料(5,000円+税)なので、レアレアトロリーのためだけに発行するのは考えものです。有料でいいのであれば、【レアレアトロリー乗り放題】7日間パスを45ドル(2016年10月現在)で購入したり、TheBusを利用したりと他にも選択肢があります。

TheBusとは
TheBusはホノルル市の公営バスです。「トランスファーチケットをもらっておけば乗り換えが無料になる」「お釣りがもらえないから細かいお金を用意しておく必要がある」など、乗りこなすにはコツがいりますが、トロリーよりも路線網は充実しています。Google Mapsでルート検索をすると、どのバス停から何番のバスに乗ればいいのかまで分かります。たとえば、アラモアナセンターからカイルア・ビーチ・パークまでのルートを検索するとこんな感じです。DaBus(iOS版とアンドロイド版、両方あります)というスマホ用アプリでもルートを検索できます。

ダイナースクラブ プレミアムカードであれば5枚までチケットをもらえる(2016年4月にLeaLeaラウンジで確認)ので、家族カードを発行していなくても5人まではレアレアトロリーに乗ることができます。ですが、ダイナースクラブ プレミアムカードは招待制のカードなので、狙って取得できるカードではないです。ダイナースクラブ プレミアムカードへのインビテーション(招待状)は、ダイナースクラブカードで実績を積むとある日突然送られてきます。インビテーションの基準は非公開なので、どのくらいの実績を積めばいいのかは不明です。

「チケットをレアレアラウンジに受け取りに行く必要があり、しかもチケットは当日限定」という制約はありますが、レアレアトロリーの全ラインに乗れるのはやはり魅力的なので、デメリットよりもメリットが上回りそうなときには活用してみてください。

JCBカードの提示で乗れるバリ島のクラクラバス

クラクラバス

JCBカードさえ持っていれば、事前の手続きなくクラクラ(KURA-KUAR)バスの一部のラインに何度でも無料で乗れます。ハワイのピンクライン同様に、JCBカードであれば、年会費無料のJCBカードでもOKです。本人と同乗の子供1名(2歳以下の座席を使用しないお子様)まで乗車賃無料の対象です。

クラクラバスのルート

クラクラバスは全部で8ラインありますが、乗車賃無料の対象ラインはクタ(KUTA)ライン、レギャン(LEGIAN)ライン、スミニャック(SEMINYAK)ラインの3ラインです。スミニャックラインを除く、7ラインが発着するDFSの2階にはJCBプラザがあります。クラクラバスの乗り方に不安があるときは、JCBプラザに行くといいです。日本語で乗り方を教えてくれます。

地図はKURA-KURA BUSのwebサイトから引用。大きなマップ、時刻表はこちら

クラクラバスのルート

クタ、レギャン周辺はよく渋滞する

クタ、レギャン周辺はよく渋滞するので、タクシーでも移動に凄く時間がかかることがあります。自分の目的地以外のところにも立ち寄るバスだと、なおさら時間がかかってしまうことになります。渋滞も考慮して移動時間を計算しないと「予約した時間に間に合わない」なんてことになり得るので注意しましょう。

無料で移動できるのは嬉しいのですが、クタ、レギャン周辺の渋滞を考えるとクラクラバスの利用をためらうことがありました。バリ島はタクシーに乗っても安いですからね。

ハワイ好きならJCBカードを持たないのはもったいない

ハワイはリピーター率が高く、エクスペディアが行った調査によると「ハワイにもう一度行きたい」とリピートを希望した方が94%もいるそうです。「ライフスタイルに合ったクレジットカード選びをしよう」とはよく言われることですが、ハワイによく行かれる方が、JCBカードダイナースクラブカードを選ぶというのは、まさにライフスタイルに合ったクレジットカード選びと言えます。

特にJCBカードは、年会費無料のJCBカードでもピンクラインに乗れるので、ハワイによく行かれる方なら持たないのはもったいないです。年会費無料のJCBカードならコスト0で、ピンクラインに乗れるメリットを得られるわけですからね。ダイナースクラブカードを持っていて、レアレアトロリーに乗れたとしても、ピンクラインにも乗れる選択肢を捨てることはないです。

ハワイは日本人観光客が多いので、JCBを利用できるお店も多いですが、利用できるお店の数で比べるとVISAMastercardには及びません。ダイナースクラブも同様で、VISA、Mastercardに比べて利用できるお店の数は少ないです。なのでハワイに行く際は、JCBカード、ダイナースクラブカードだけでなく、VISAかMastercard、できれば不測の事態に備えて両方を一緒に持っていったほうがいいです。それではみなさん良い旅を!

[related_card_link a_href=JcbIppan img=jcb/jcb-standard.jpg name='JCB一般カード' description='JCBが直接発行するスタンダードなクレジットカード。WEB明細サービス「MyJチェック」に登録すれば、海外での利用分がポイント2倍になり、自動付帯の海外旅行傷害保険も付きます。JCBトラベル経由で海外パッケージツアーを申し込むとポイントが最大7倍たまります。' fee='
  • 1,250円+税
  • 初年度無料
  • 条件クリアで無料

JCBならピンクラインに無料で乗れる

' css=' elf'] [related_card_link a_href=JcbEit img=jcb/jcb-eit-black.png name='JCB EIT(JCBエイト)' description='ポイント還元率常時1%自動付帯の海外旅行傷害保険とショッピング保険が付いて年会費無料です。JCBトラベル経由で海外パッケージツアーを申し込むとポイントが最大7倍たまります。リボ払い専用カードではありますが、毎月の支払い金額の設定を引き上げることでリボ払い手数料を支払うことなく、1回払い用のカードとして利用することもできます。' fee='

無料

JCBならピンクラインに無料で乗れる

' css=' elf'] [related_card_link a_href=YahooJapan img=yahoo/yahoo-jcb-red.png name='Yahoo! JAPANカード(JCB)' description='国際ブランドに「JCB」を選択すれば、Yahoo! JAPANカードでもピンクラインに無料で乗れます。Tカードを搭載しています。まだ数は少ないですが、実はハワイにもTポイントを使えるお店があります。' fee='

無料

JCBならピンクラインに無料で乗れる

' css=' elf'] [related_card_link a_href=Rakuten img=rakuten/rakuten-jcb.jpg name='楽天カード(JCB)' description='国際ブランドに「JCB」を選択すれば、楽天カードでもピンクラインに無料で乗れます。海外旅行傷害保険も付いています。入会キャンペーンでもらえる楽天ポイントは楽天トラベルでも使えます。' fee='

無料

JCBならピンクラインに無料で乗れる

' css=' elf'] [related_card_link a_href=DinersClub img=diners/diners.jpg name='ダイナースクラブカード' description='国内外600ヶ所以上の空港ラウンジを無料で利用できます。そのなかにはホノルル国際空港のIASS HAWAII LOUNGEも含まれます。最高1億円の海外旅行傷害保険が付いています。' fee='

22,000円+税

レアレアトロリーに無料で乗れる

' css=' elf'] [related_card_link a_href=Viaso img=nicos/viaso-master.jpg name=VIASO(ビアソ)カード description='貯まったポイントは手続き不要のオートキャッシュバック。最高2,000万円の海外旅行傷害保険が付いてます。ツアーデスク経由で海外パッケージツアーを申し込むと基本旅行料金が最大5%割引になります。国際ブランドがMastercardなのでハワイでも使えるお店が多いです。' fee='

無料

']
清水 太郎

運営者清水 太郎

大手銀行系カード会社退職後、当サイトと世界一周ブログを運営しながら世界4周しました。旅をしながら、日々クレジットカードの情報を追いかけています。

Twitter:@k_creditcard

関連記事

カテゴリ一覧