クレジットカード券面の見方

クレジットカードの表面にはICチップ、クレジットカード番号、会員面、有効期限、国際ブランドがある

クレジットカード表面

クレジットカード裏面には磁気ストライプ、署名欄、セキュリティコード、海外のATMの運営会社、発行元の情報がある

クレジットカード裏面

ICチップ

ICチップがついているクレジットカードは偽造が難しく悪用されにくいので安全性が高い。IC端末設置店では、サインの代わりに暗証番号を入力することで支払いが完了する。IC端末設置店以外では、従来通りの使用方法で利用できる。経済産業省がクレジットカードを安全・安心に使えるように100%IC化を推進してくれているが、まだ一部ICチップ未対応のクレジットカードが残っている。

暗証番号の管理はしっかり

IC端末設置店が増え、クレジットカードでの支払い時にサインではなく暗証番号の入力を求められる機会が増えているが、暗証番号を入力する際は他人に暗証番号を見られないように注意が必要!なぜなら、暗証番号を悪用された不正利用による損害はクレジットカード会社に補償してもらえないケースがほとんどだからだ。

クレジットカード番号

国際ブランドがVISA、Mastercard、JCBの場合は16桁、American Expressは15桁、Diners Clubは14桁。ちなみに、クレジットカード番号の先頭の1桁目はVISAは4、Mastercardは5、JCB、American Express、Diners Clubは3とISOで決められている。

会員名

会員氏名。クレジットカードが届いたら会員名が間違っていないかどうか確かめよう。まれにローマ字の表記などが間違っていることがある。

有効期限

多くのクレジットカードの場合「月/年」の順に表記してある。「年/月」ではないので、インターネットショッピングなどで有効期限を入力する際は注意!有効期限が近づくとクレジットカード会社から新しいクレジットカードが送られてくる。

国際ブランド

国際ブランドには、VISAMastercardJCBAmerican ExpressDiners Clubの5種類がある。

磁気ストライプ

磁気ストライプには、クレジットカード会社名、クレジットカード番号などの情報が記録されている。ここに強い磁気を帯びたものを近付けると磁気が低下して使用できなくなるおそれがあるので近づけないようにしよう。

署名欄

カードの裏には、サインが必要です。クレジットカードが届いたらすぐに署名欄にサインをしよう。サインがないとお店でクレジットカードを利用できないことがあるだけでなく、盗難・紛失によってクレジットカードを他人に不正使用されてしまってた場合に損害が補償されないことがある。サインがあれば多くの場合、盗難保険によって損害が補償される。

サインの書体は?

書体についての決まりはなく、漢字・ひらがな・英字など好きな書体でOK。クレジットカードでの支払い時に店員から渡されるレシートには署名欄のサインと同じサインをする。

セキュリティコード

オンラインでクレジットカードを利用する際に、補足的に3桁または4桁のセキュリティコードを入力することにより、正規のクレジットカード所持者であることを追加証明することができる。

海外のATM運営会社

PLUS Cirrus Cirrus
PLUS(プラス) Cirrus(シーラス) pulse(パルス)

国際ブランドがVISAのクレジットカードは「PLUS」、MastercardとJCBは「Cirrus」、Diners Clubは「pulse」ネットワークのATMを利用できる。

発行元の情報

クレジットカード発行元の会社名、住所、電話番号などが表記されている。

清水 太郎

運営者清水 太郎

大手銀行系カード会社退職後、当サイトと世界一周ブログを運営しながら世界4周しました。旅をしながら、日々クレジットカードの情報を追いかけています。

Twitter:@k_creditcard

関連記事

カテゴリ一覧