VISAかMastercardかJCBか?国際ブランド選びに迷ったらMastercardがおすすめです。おすすめのMastercardも併せて紹介します

3枚のMastercard

クレジットカードを申し込むとき、「VisaとMastercardとJCB、どの国際ブランドにしたらいいんだろう?」と迷った経験が、みなさんも一度はあるんじゃないでしょうか?

初心者泣かせの国際ブランド選び

私もはじめてクレジットカードをつくるときには、どの国際ブランドにしたらいいのか迷いました。

ですが今なら、「VisaとMastercardとJCB、どれがおすすめ?」と聞かれたら、「Mastercard(マスターカード)がおすすめ」と即答できます。

国際ブランドがVisaとMastercardとJCBの楽天カード、Mastercardのみに矢印

国際ブランド選びに迷ったらMastercardがおすすめ

Mastercardがおすすめな4つの理由

私がMastercardをおすすめするのは、以下の4つの理由からです。

Mastercardをおすすめする4つの理由

  • 日本国内ではもちろん、世界中で使いやすい
  • 日本のコストコで利用できるのはMastercardだけ
  • Mastercardは為替の換算レートが1番良いから海外旅行でお得(当サイト調べ)
  • Apple PayのMastercardコンタクトレスが海外で便利

理由1:Mastercardなら世界中で使いやすい

クレジットカードを使えることを示す看板

ご存知の方も多いと思いますが、MastercardとVisaは世界中で使いやすいです。日本でも海外でも、「クレジットカードを使えるお店」=「MastercardとVisaを使えるお店」と考えてまず問題ないです。

日本では、MastercardとVisaほどではないですが、同じくらいJCBも使いやすく、American ExpressとDierns Clubも多くのお店で使えます。しかしこれは世界的には特殊なケースです。日本生まれのJCBが日本国内で強いのは当たり前としても、American ExpressとDierns Clubも日本ほど使えるお店が多い国はそうはないです。海外では圧倒的にMastercardとVisaが強いです

海外ではどんな感じにMastercardとVisaを使えるのかイメージが湧かないという方はこちらの記事をどうぞ。7大陸で実際に使ってみた体験談を載せています。

理由2:日本のコストコで利用できるのはMastercardだけ

コストコ

先程、「クレジットカードを使えるお店」=「MastercardとVisaを使えるお店」と考えてまず問題ないと言ったばかりですが、そうではないレアケースの1つがコストコです。2018年2月から日本のコストコで使えるクレジットカードはMastercardだけになりました

理由3:Mastercardは為替の換算レートが1番良いから海外旅行でお得(当サイト調べ)

2016年4月にハワイで三井住友Visaカードを使ったときのweb明細の抜粋

三井住友カードのweb明細(ハワイで利用したときのもの)

クレジットカードを海外で使ったときの外貨での利用代金は、カード会社が自動的に日本円に換算して請求してくれます

私は海外ではできる限りクレジットカードで支払うようにしています。私の経験上、クレジットカードの為替換算レートの方が、両替所で日本円から現地通貨に両替するレートよりもお得なことがほとんどだからです。クレジットカードだとポイントもたまりますしね

クレジットカードの為替換算レートは、実は国際ブランドによって変わってきます。気になったので当サイトで独自に調査を行ったところ、為替換算レートが1番良かったのはMastercardでした。

国際ブランドがVisaとMastercardとJCBの楽天カード、3枚全てに矢印

同じクレジットカードでも申し込み時に選択する国際ブランドによって為替換算レートが変わってくる

調査方法は「同一店舗で同一価格の商品を、15分以内に、全ての国際ブランドで購入し、その結果を比較する」というシンプルなものです。調査は定期的に行っていて、調査データはこちらの記事で公開しています。長いですが興味のある方は読んでみてください。

理由4:Apple PayのMastercardコンタクトレスが海外で便利

海外でもApple Payでスマートに決済

iPhoneのApple PayがiOS 11(2017年9月提供開始)からパワーアップし、日本のiPhoneでも海外でApple Payを使えるようになりました。

Apple Payに対応したMastercardをiPhoneのWalletアプリに登録すると、日本では電子マネー「QUICPay」もしくは「iD」として、海外では「Mastercardコンタクトレス(Mastercardの非接触決済サービス)」として使えます

各クレジットカードのApple Pay対応状況はこちらにまとめました。発行元のカード会社によっては、「Mastercardコンタクトレス」としての利用を保証していないところもあるのでその点は注意。

実際にヨーロッパでMastercardコンタクトレスとしてApple Payを使ってみましたが、支払いの半分以上はApple Payで済ませることができたくらい普及が進んでいました。そのときの体験談はこちら。ヨーロッパだけでなく、アメリカやオーストラリアでも、Mastercardコンタクトレスは普及しているので、Apple Payが使えると便利です。

非接触決済の世界でもやはりMastercardとVisaが強く、Mastercardコンタクトレスと同じくらい、Visaコンタクトレス(日本ではVisaのタッチ決済と呼ばれている)も普及していますが、残念ながら日本発行のVisaをiPhoneのWalletアプリに登録してもVisaコンタクトレスとしては利用できません。海外発行のVisaだとVisaコンタクトレスを使えるようなので、日本発行のVisaでも早く使えるようになって欲しいですね。

おすすめのMastercard

Mastercardがおすすめとは言っても、日本で発行されているMastercardだけでもかなりの数です。そこで、おすすめのMastercardを6枚ピックアップしました。

迷ったらMastercardブランドの楽天カードがおすすめ

「はじめてのクレジットカードに何を選んでいいのか分からない」という方には、Mastercardブランドの楽天カードがおすすめです。年会費が無料で、カード利用100円ごとに楽天ポイントが1ポイントたまるからです。楽天ポイントは楽天市場や楽天トラベルなどで、1ポイント=1円として利用できるので使い勝手がいいです。また、楽天市場で楽天カードを利用すると100円ごとに合計3ポイント(通常ポイント1ポイント+楽天カードでの決済で2ポイント)たまります。年会費無料なので楽天を利用する方なら、楽天用のサブカードとしても持っておくのもありです。

「プライオリティ・パス」に無料で登録できる

楽天プレミアムカードは、先程紹介した楽天カードよりもさらに楽天市場でポイントがたまりやすいです。楽天市場で楽天カードを利用すると100円ごとに合計5ポイント(通常ポイント1ポイント+楽天プレミアムカードでの決済で4ポイント)たまります。また、国内外1,200ヶ所以上の空港ラウンジを利用できる「プライオリティ・パス」に無料で登録できます。通常、年会費1万円クラスのクレジットカードでは、国内の空港ラウンジしか利用できません。海外の空港ラウンジを使えるとしても、ハワイと韓国 仁川のラウンジに限られます。なので、1万円の年会費でプライオリティ・パスに登録できる楽天プレミアムカードはかなり頑張っています。プライオリティ・パス目的で楽天プレミアムカードに申し込む方も多いです。

ポイント還元率1%|ネットショッピングではさらにお得

年会費無料で、ポイント還元率が高いお得なカードです。普段使いでも1%のポイント還元率がありますが、ネットショッピングではさらにアップします。例えば、オリコモールを経由して、Amazon.co.jpやYahoo!ショッピングで買い物をしたときのポイント還元率は合計2%(常時1%+オリコモール獲得ポイント0.5%+特別加算ポイント0.5%)です。また、オリコ旅行センターを通して各旅行会社の海外・国内パッケージツアーを申し込むと、ツアー料金が自分の分だけでなく同伴者の分も含め最大8%割引になります。

アメリカ生まれの金属製カード

金属製クレジットカートとして、Mastercard最上級ランク「World Elite Mastercard」として注目を集めるアメリカ生まれのカードです。日本では2016年11月にスタートしました。「24時間対応のコンシェルジュデスク」「世界中の空港ラウンジを利用できるプライオリティ・パス」など、プレミアムカードに求められるサービスを一通り揃えた上で、独自の魅力的なサービスが数多く付帯しています。例えば、全国のTOHOシネマズで毎月1回無料で映画を鑑賞でき提携国立美術館の所蔵作品展を会員本人と同伴者1名まで無料で何度でも鑑賞できます

Mastercardのランク。右に行くほど高ランクで、ワールドエリートが最上級ランクです。左からスタンダード、ゴールド、チタン、プラチナ、ワールド、ワールドエリート

使っていて楽しい個性的なサービス

前述したラグジュアリーカードのチタンカードよりも、さらに上位のカードで、年会費10万円+税のプレミアムカードです。チタンカード同様、金属製です。コンシェルジュデスクを通して対象レストランを予約すると対象エリアからレストランまでリムジンで無料で送迎してくれます。コンシェルジュデスクを通すと言っても、ブラックカードのコンシェルジュデスクには24時間直通で電話が繋がり、メールでも予約をお願いできるので煩わしさは感じません。また、おしゃれなレストランで美味しいワインやフィンガーフードなどを格安で楽しめるラグジュアリーカード会員限定イベント「ラグジュアリーソーシャルアワー」に参加できます。ラグジュアリーソーシャルアワーは毎月4回開催されています。

海外ショッピング利用分の5%がキャッシュバックされる

学生専用ライフカードは、海外留学を考えている学生の方におすすめのカードです。年会費無料でありながら最高2,000万円の海外旅行傷害保険が付帯し、海外ショッピング利用分の5%がキャッシュバック(事前申込が必要)されるお得なカードだからです。学生専用ライフカードには、誕生月のポイントが3倍になるという特徴もありますが、5%キャッシュバックはそれが霞んでしまうほどのインパクトがあります。

理想はMastercardとVisaとJCBの併せ持ち

Mastercardが1番のおすすめですが、「これから申し込むクレジットカードは全てMastercardにした方がいいのか?」と言うと、そんなことはありません。基本的にはクレジットカードが使えるお店なら、MastercardとVisaは両方とも使えますが、日本のコストコのように、Visaが使えずにMastercardのみ利用できるお店や、逆にMastercardが使えずにVisaのみ利用できるお店が極稀にあります。極稀なケースではありますが、そんなときのために、MastercardとVisaは両方持っておいたほうがいいです。「楽天カードはMastercardにしたから、今度申し込むイオンカードはVisaにしよう」といった感じに選ぶといいでしょう。

また、海外に行くならJCBも1枚は持っておきたいです。というのも、JCBは海外だと使えるお店の数は少ないですが、JCBカードを持っていると、ハワイのトロリーに無料で乗れたり、世界の主要都市に設置されたJCBプラザ ラウンジで旅のサポートを受けたりすることができるからです。ありがたいことに年会費無料のJCBカードでも、これらのサービスを利用できます

なので、理想はMastercard、Visa、JCBの併せ持ちです。Mastercardと併せて、VisaとJCBも1枚は持っておくといいです。あくまで「理想」であって、Mastercardだけでも困ることはまずないです。とはいえ、Mastercardだけにするにしても、紛失や磁気不良などの不足の事態に備えて、最低でも2枚は持っておきたいところです。ただしクレジットカードの持ち過ぎは厳禁です!必要のないクレジットカードは解約しましょう。

併せ持ちするとは言っても、MastercardもVisaもJCBも種類が豊富なので、下の例のように年会費無料カードだけで組み合わせることだって難しくはないです。

年会費無料カードの組み合わせ一例

MastercardブランドのOrico Card THE POINT、Visaブランドの楽天カード、JCB CARD Wの組み合わせ。3枚とも年会費無料

楽天カードは年会費無料で、MastercardとVisaとJCBから国際ブランドを選べ、カード利用でたまるポイントが少額でも使いやすい楽天ポイントなので、メインカードとしてだけではなく、サブカードとしても優秀です。

JCB CARD Wは39歳までの方しか申し込みできませんが、年会費無料でポイント還元率が高い優秀なカードです。常時1%のポイント還元率があり、セブン‐イレブンとAmazon.co.jpでは2%、スターバックスコーヒーでは3%にアップします。39歳までに手に入れてしまえば、40歳を超えても持ち続けられます。

サクッと絞り込み検索

Mastercardを検索する

おすすめ!

コラム:Mastercardはより安全により快適に決済ができるようにシステム開発に力を入れています

Mastercardが入っているビルの屋上から撮影したニューヨーク

ニューヨーク:Mastercardが入っているビルの屋上から撮影

ニューヨークのMastercardで、MastercardのVice Presidentの方からお話を聞かせて頂くプライスレスな機会に恵まれました。Mastercardでは、「より安全」に「より快適」に決済ができるように、システム開発にとても力を入れているとのことでした。

どこまで書いてしまっていいのか判断が難しいのでふわっとした感想になってしまいますが、少し先の未来、きっと今よりももっと便利な世界になっているはずです。Mastercardは、世界的な規模の決済ネットワークを持つ国際ブランドだからこそ開発できるシステムで、そんな便利な世界の実現に貢献してくれることでしょう。Mastercardは着々と進化を続けています。今後のさらなる進化が楽しみです。

清水 太郎

運営者清水 太郎

大手銀行系カード会社退職後、当サイトと世界一周ブログを運営しながら世界4周しました。旅をしながら、日々クレジットカードの情報を追いかけています。

Twitter:@k_creditcard

関連記事

カテゴリ一覧